ファン・ビンビンさん、1年ぶりに公式の場に 中国

中国の有名女優ファン・ビンビン(范冰冰)さんが1年ぶりに公の場に/Dimitrios Kambouris/Getty Images North America/Getty Images for TIME

中国の有名女優ファン・ビンビン(范冰冰)さんが1年ぶりに公の場に/Dimitrios Kambouris/Getty Images North America/Getty Images for TIME

北京(CNN) 中国の有名女優ファン・ビンビン(范冰冰)さん(37)がこのほど、ほぼ1年ぶりに公式の場に登場した。ファンさんは巨額の脱税疑惑が持ち上がった後、突然姿を消していた。

ファンさんは22日、北京で行われた企業イベントで来場者を魅了。ピンクと黒のパンツスーツという姿で写真撮影のポーズを取った。デザイナーバッグとダイヤも花を添えていた。

ファンさんは昨年7月上旬、脱税疑惑の発覚を受けて公の場から姿を消した。今回の再登場をめぐってはインターネット上で賛否が割れており、ファンは驚きの復活を称賛する一方、批判的な人たちは不快感をあらわにした。

こうした反応を見越してか、ファンさんは中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」への投稿を控えた。ただ、中国で規制されているインスタグラムでは写真を共有し、25日時点で17万以上の「いいね!」が集まっている。

中国当局は昨年10月、いわゆる「陰陽契約」を利用して映画業界での実収入を隠し、巨額の脱税を働いたとして、ファンさんに1億3000万ドル近い罰金を科した。

国営メディアによると、初犯のため刑事訴追は免れた。ファンさんは当時、当局の決定を全面的に受け入れると述べ、国民や党、政府に謝罪していた。

22日の再登場に先立っては、ファンさんが近くハリウッド映画に復帰するとの報道も浮上。米芸能メディア「バラエティー」は今月、女性スパイを描く映画「355」の撮影が年内に始まるとの見通しを報じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]