マラソン中に国旗渡され落とした選手、優勝逃し物議 中国

レース中に手渡された国旗を落とした中国人選手をめぐり議論が巻き起こっている/shutterstock/cnnmoney

レース中に手渡された国旗を落とした中国人選手をめぐり議論が巻き起こっている/shutterstock/cnnmoney

北京(CNN) 中国の蘇州で開催されたマラソンで、同国の女子選手がゴール前に国旗を渡され、その直後に落とした場面が物議を醸している。

18日のレース中、中国の何引麗(ホーインリー)選手(30)がトップのエチオピア選手を追い抜こうとしているところへ、「ボランティア」を名乗る沿道の男性が駆け寄り、中国国旗を渡した。何選手は旗を手にしたまま数秒間走ったが結局地面に落とし、そのまま走り続けた。

中国中央テレビ(CCTV)が流した実況映像によると、この前に別の「ボランティア」が国旗を渡そうとしたが、何選手は受け取っていなかった。

レースはエチオピアの選手が優勝し、何選手は引き離されて2位に終わった。

実況の解説者は「今は優勝を目指して走ることが一番重要」「選手が歯を食いしばっているのに、横から出てきた者が走りに影響を与えた」と批判。ゴールの後では「あまりにも残念な結末」とコメントした。

インターネット上では国旗を渡した男性を非難し、何選手が優勝を逃したことを惜しむ意見が目立つ一方、「愛国心に欠ける」と同選手を非難する声も上がった。

あるマラソン選手は中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に「映像を見ると、何選手は国旗を丸めて投げ捨てている。レースの結果は国旗よりも大事なのか」と書き込んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]