米女子選手暴行の医師に禁錮最長175年、20年で被害者150人超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米女子選手暴行の医師、禁錮最長175年

(CNN) 世界的に有名なスポーツ医として、オリンピックに出場した女子体操選手らの治療を担当してきたラリー・ナサール被告(54)が、20年以上にわたって女性に対する性的暴行を繰り返した罪に問われ、24日に米ミシガン州の裁判所で禁錮40~175年の実刑判決を言い渡された。

ナサール被告は米国体操連盟とミシガン州立大学の元医師。裁判では156人の女性が証言に立ち、同被告から性的暴行を受けたと訴えていた。

ローズマリー・アキリーナ裁判官は被告に対し、「あなたの死の宣告に署名した」と述べ、「自分では分からないだろうが、あなたは危険人物だ。今も危険人物であり続けている」と指摘した。

ナサール被告は裁判の中で、医師という立場を利用して、治療を装って女性に対する性的暴行やわいせつ行為を繰り返した罪を認めている。

法廷で同被告が発表した談話では、7日間にわたって被害者の証言を聞き、心の底から震撼させられたと述べ、「私がどれほど申し訳なく思っているか、言葉で言い表すことはできない」として謝罪した。

しかし裁判官は判決言い渡しを前に、ナサール被告が裁判所に宛てた最近の手紙を読み上げた。被告の手紙は、女性たちがうそをついているなどと主張し、「私はいい医師だった」「捨てられた女ほど恐ろしいものはない」などと被害者の女性たちを非難する内容。アキリーナ裁判官は、「あなたがまだ分かっていないことは、この手紙が物語っている」と語気を強めた。

裁判で証言した156人の被害者はいずれも、スポーツで負ったけがの治療を受けるためにナサール被告を受診して性的暴行を受け、それも治療の一環だと言われたと訴えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]