世界の覇権に照準、中国「ラグビー革命」<1> 「国民的スポーツ」への取り組み

ワールドラグビーのゴスパーCEO(中央)。アリスポーツと1億ドルの契約を結んだ

ワールドラグビーのゴスパーCEO(中央)。アリスポーツと1億ドルの契約を結んだ

10年計画に1億ドル投資

ラグビー人口が大幅に増えたからといって中国がラグビーの強豪国になれるという保証はないが、ラグビーのメジャー化に向けた取り組みは他にもある。その最たる例として、中国のネット通販最大手アリババのスポーツ部門アリスポーツは、向こう10年間にラグビーに総額1億ドルを投資する契約を交わした。

契約後、アリスポーツの最高経営責任者(CEO)、チャン・ダチョン氏は、ラグビーは中国において「大衆が参加する国民的スポーツ」になる可能性を秘めていることは疑う余地がないと述べた。また、ラグビー中国代表主将のマ・チョン氏もAFP通信のインタビューで「1人のラグビー選手として、ようやくこの競技にも希望の光が見えてきた」と語った。

この投資には、中国国内の大学1万校と、中国23省のうち20省の学校で実施される「Get Into Rugby(ラグビーを始めよう)」キャンペーンも含まれている。

さらに、向こう4年間にコーチ3万人と審判などの試合関係者1万5000人を育成するという大規模な計画や、15人制ラグビーの大会開催及びセブンズ(7人制)のプロリーグ開設の動きもある。

次回「世界の覇権に照準、中国『ラグビー革命』<2> 強化戦略の概要、日本に続けるか」は6月3日公開

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]