W杯ロシア大会、マスコット最終候補 トラ・オオカミ・ネコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ロシアが2018年に主催するサッカーのワールドカップ(W杯)本大会の組織委員会などは25日までに、同大会の公式マスコットの最終候補となるデザイン3点を公表した。

宇宙服姿のトラ、ゴーグルを頭にひっかけたオオカミにネコの各デザインとなっている。インターネットで投票を呼び掛け、最終結果は今年10月21日のテレビの生中継番組で発表される。

マスコットの選定は昨年から始まり、ロシアのデザイン専攻の学生がアンケート調査で選ばれた10種類のキャラクターに基づく作品を提出。その後、審査委員会でトラなどの3点に絞り込まれていた。

W杯本大会でマスコットが正式に披露されたのは1966年のイングランド大会における「ワールドカップ・ウィリー」と呼ばれたライオンが初めて。これ以降の12大会でそれぞれ登場し、82年のスペイン大会では果物オレンジをかたどったキャラクター、86年メキシコ大会では特産のトウガラシを素材にしたキャラクター、2014年のブラジル大会では動物のアルマジロなどが選ばれていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]