強化進まぬ中国サッカー代表、まずは競技人口の増加から

サッカーの中国代表は最近、良い成績を収められずにいる

サッカーの中国代表は最近、良い成績を収められずにいる

香港(CNN) 13億人もの人口を抱える中国。膨大な国民の中から優秀な人材を11人選抜して戦えるサッカーチームを作るのは簡単なように思えるかもしれない。しかし、実際には、中国の代表チームは国際舞台で苦しい戦いを強いられている。

サッカー・ワールドカップ(W杯)本大会は2002年の日韓大会に参加したのが最初で最後、現在の中国代表チームは不調のどん底にある。13年6月には、若手中心のタイ代表とのホーム親善試合で1-5の大敗を喫し、国民の非難を浴びた。

そんな中国サッカー代表の苦戦の背景を探る。

しばしば問題とされるのは外国人指揮官だ。中国サッカー界では大金を投じて著名な外国人監督を招聘(しょうへい)することが多い。

スペインの名門レアル・マドリードで指揮を執った経験もあるアントニオ・カマーチョ氏が11年に中国代表監督に選ばれた際は、W杯ブラジル大会の出場権獲得に向けて大きな期待が集まった。

だが、同監督はタイ戦の惨敗をきっかけにあえなく解任。代表チームは以前よりも弱体化した上に、400万ドル(約4億円)の違約金を支払わなければならず、中国としては散々な結果に終わった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]