アリアナ・グランデ、売り物のドーナツなめた? 警察も捜査

米人気歌手が売り物のドーナツをなめたとして騒ぎに。さらに自国けなす発言も?

米人気歌手が売り物のドーナツをなめたとして騒ぎに。さらに自国けなす発言も?

(CNN) 米人気歌手アリアナ・グランデ(22)さんが、米ロサンゼルス市内の店で売り物のドーナツに舌を触れた場面とされる防犯ビデオの映像がネットに出回り、警察が捜査に乗り出した。報道各社が伝えた。

問題の映像は芸能ニュースサイトのTMZが公開した。映像の中のグランデさんは、こっそり舌を出して売り物のドーナツに触れたように見え、その後飛び上がって笑い声を立てている。

そこへ店員がドーナツをびっしり並べたトレイを持って近づいてくると、グランデさんは連れの男性に向かって大声で話し始めた。映像には放送禁止用語を口走りながらドーナツに悪態をつき「アメリカ人なんて大嫌い。アメリカは最低」と言い放つ声が収録されている。

この映像がソーシャルメディアで出回ったことを受け、グランデさんはツイッターに釈明のコメントを投稿。「私はアメリカ人であることをものすごく誇りにしています」と強調し、「私的な会話の内容から文脈がそぎ取られた。もっと慎重に言葉を選ばなかったことを申し訳なく思う」と書き込んだ。

ただドーナツなめ疑惑には直接言及せず、代わりに米国人の食生活には「ものすごく憤慨」しているとコメント。子どもの肥満率の高さにも「苛立ちを覚える」と付け加えた。

地元警察並びにグランデさんのマネジャーは、CNNの取材申し込みに対し回答を寄せていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]