ドーナツ+ソーセージ? 「ドーセージ」が英国にお目見え

ソーセージをドーナツに見立ててジャムを詰めた「ドーセージ」=LIAM BENNETT/DAUSAGE

ソーセージをドーナツに見立ててジャムを詰めた「ドーセージ」=LIAM BENNETT/DAUSAGE

(CNN) ドーナツと他のものを組み合わせたハイブリッド食品と言えば、クロワッサン生地をドーナツ型に揚げた「クロナッツ」が米国で人気を博した。そこからヒントを得た英国生まれの新種「ドーセージ」も、食べた人からの評判は上々だ。

ドーセージはドーナッツとソーセージのハイブリッド食品。豚肉をベースとしたソーセージの中心部に、ラズベリージャムやカスタードクリームなど甘いフィリングが入っている。

ドーセージを発案した英ウェールズのウェブ開発者、リーアム・ベネットさん(37)はクロナッツや「クラフィン(クロワッサンとマフィンの中間のような食べ物)」に触発されたと話す。CNNの取材に答えたベネットさんは「ドーナツと組み合わせるとしたら他に何があるだろうとあれこれ考えた。プラムソースを添えて食べるカモ肉のように、甘いものと合うものを探した」と振り返った。

結局ソーセージを使うことにしたが、当初の周囲の反応は芳しくなかったという。

「みんな、内心では気味の悪い食べ物だと思っていた。けれども、試食したらとても気に入ってくれた。それは私自身も同じで、すごくおいしいと思った」とベネットさんは語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]