シュワちゃんがあの役の声でナビ? 米GPSアプリ

運転席にあの名せりふが響き渡る?

運転席にあの名せりふが響き渡る?

(CNN) 米俳優アーノルド・シュワルツェネッガーさん演じる「ターミネーター」の声で道順を案内してくれるGPS(全地球測位システム)ナビゲーションアプリの新しいオプションが、米国で登場した。

シリーズ映画「ターミネーター」バージョンの道順案内が利用できるのはGPSアプリの「ウェイズ」。最新作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」の宣伝の一環として加わった。

シュワルツェネッガーさんはプレスリリースで、「ファンから毎日のように、映画のせりふを録音してほしいという要望が寄せられる。そこでこの昔からの役と、私のチャーミングなオーストリアなまりをファンの車に搭載することになった」とコメントしている。

アプリの機能はシュワルツェネッガーさんの声による方向指示だけではない。「ジェニシス」を上映中の映画館の近くを通ると、赤い目を光らせた「エンドスケルトン」が画面に表示されるのだ。ジェニシスは7月1日から全米で公開予定。

ウェイズではこれまでにも、米コメディアンのケビン・ハートさん、米俳優のテリー・クルーズさんなどが声の出演をしている。

ターミネーターの道順案内は無料で利用できる。ただし近くのヘリポートを探している時に、シュワルツェネッガーさんが「ヘリに行け!」と叫んでくれるかどうかは不明だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]