金正恩氏暗殺映画のネット配信好調、iTunesでも発売

2014.12.29 Mon posted at 11:02 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は28日、金正恩(キムジョンウン)北朝鮮第1書記の暗殺を題材にしたコメディー映画「ザ・インタビュー」について、インターネットで有料配信を開始した24日から27日までの4日間の売り上げが1500万ドル(約18億円)を突破したと発表した。

現地時間の28日午後1時からは、米アップルのコンテンツ配信サービス「iTunesストア」(米国版)でも配信が始まった。レンタル料は他のサイトと同じ5.99ドル(約720円)。

ザ・インタビューは動画共有サイトのユーチューブなどを通じて米国で24日から有料配信がスタートした。SPEによると、ネット上でのレンタルと購入を合わせた配信数は27日までの4日間で200万回を超えた。28日にはさらに、主演のセス・ローゲンらが短文投稿サイトのツイッターにライブで登場する宣伝イベントを行っている。

一方、劇場では全米331の独立系映画館で25日から公開され、売り切れになる映画館が続出。28日までの売り上げは約280万ドル(約3億3700万円)に達する見通し。

同作品の制作費は、宣伝費を除外しても約4400万ドル(約53億円)。これまでの売り上げはまだコストを埋め合わせるまでには至っていないものの、同社は今後もネットのレンタルなどでさらなる収益が期待できると見込んでいる。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]