ブラジルが0-0の引き分け、メキシコGK好守連発 W杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコのGKオチョアが好セーブを連発

メキシコのGKオチョアが好セーブを連発

(CNN) サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は第6日の17日、1次リーグA組の第2戦で、今大会の注目選手ネイマール擁するブラジルがメキシコと対戦したが、0―0の引き分けに終わった。

ブラジルは前半26分、DFアウベスからのクロスにFWネイマールがヘッドで合わせたが、メキシコのGKオチョアのファインセーブに阻まれた。

前半終了間際にも、ブラジルが大きなチャンスをつかむ。ネイマールがゴール前にけり込んだFKをDFチアゴシウバが胸で落とし、抜け出したMFパウリーニョが押し込もうとしたが、またしてもオチョアの好セーブでゴールならず。

ブラジルは後半、MFラミレスに代えて、FWのベルナールを投入。後半最初のチャンスを作ったのは、そのペルナールだった。後半4分、ベルナールは右サイドからネイマールにクロスを上げたが、相手DFにクリアされた。

その後、メキシコのFWペラルタとMFドスサントスがブラジルゴールを脅かし、メキシコの攻勢が続いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]