W杯前夜のブラジルを悩ます児童売春問題

ブラジルが抱える夜の闇

ブラジル・フォルタレーザ(CNN) 南米ブラジル北東部の都市フォルタレーザ。改修されたばかりのスタジアムでは、6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の6試合が行われる。

だがスタジアムの近くを通ると、際どい服をまとった女性たちが立っている。そう、フォルタレーザはセックス観光の町としても有名なのだ。

ブラジルでは18歳以上であれば売春は合法だ。だがその一方で政府やサッカー関係者は、W杯開幕までに未成年者の売春を減らそうとしており、政府は対策費として800万レアル(約3億6000万円)を計上している。

ソーシャルワーカーのアントニオ・カルロス・ダシルバ氏によれば、スタジアム周辺の売春婦たちはW杯期間中、サッカーファンを相手に大金が稼げると考えていると指摘。「ブラジルがW杯開催地に選ばれて以降、そういう期待が高まった」と言う。

非営利団体「児童労働防止のための全国フォーラム」の2012年の推計では、政府の対策にもかかわらず、ブラジル国内の未成年の売春婦の数は約50万人に上ったという。

政府に対しては、根本原因への対処を怠り、児童売春の現状を隠そうとしているだけだとの批判も聞かれる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]