ジェニファー・ロペス W杯開会式への出演を中止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェニファー・ロペスがW杯開幕式への出演をキャンセル

ジェニファー・ロペスがW杯開幕式への出演をキャンセル

ロサンゼルス(CNN) 12日のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕式典で公式テーマ曲を歌う予定だった米歌手、俳優のジェニファー・ロペスが8日、出演を中止すると発表した。

ロペスの代理人が同日深夜、CNNに語った。中止の理由は明らかでない。

ロペスは米ラップ歌手のピットブル、ブラジルの人気歌手クラウディア・レイチと3人で、W杯の公式テーマ曲「ウィー・アー・ワン (オーレ・オーラ)」を発表。

開幕戦となる12日のブラジル・クロアチア戦の前に、そろって出演する予定だった。

ピットブルは曲の発表直後、「2人と一緒に歌うのは光栄だ。W杯で世界をひとつにしたい」「この大会と音楽の力が団結につながると信じている。私たちがひとつになった時こそ最高の力を発揮できる」と話していた。

曲のタイトルは「私たちはひとつ」という意味だが、現実はその通りにいかなくなってしまったようだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]