「エイリアン」のデザイナー、ギーガーさん死去

(CNN) SF映画「エイリアン」シリーズに登場する地球外生物のデザイナーとして知られるスイスのアーティスト、H・R・ギーガーさんが死去した。74歳だった。関係者が明らかにした。

1979年の「エイリアン」(リドリー・スコット監督)では、骸骨のような長方形の頭と鋭い牙、細長い胴体と尾を持つ不気味な生物をデザイン。この生物は宇宙船に侵入して登場人物の胸部から飛び出し、観客を恐怖に陥れた。

ギーガーさんは1940年2月5日にスイスのクールで生まれ、幼少時から芸術的才能を発揮。当初は建築家を志したが、1960年代からアーティストとしての活動を本格化させた。

74年にアレハンドロ・ホドロフスキー監督の映画「デューン 砂の惑星」のデザイナーに起用されるが、同作品は日の目を見ずに終わった。

その後手掛けた「エイリアン」(リドリー・スコット監督)で特殊効果チームと共にアカデミー賞視覚効果賞を受賞し、続編も担当。また、英ロックバンドエマーソン・レイク・アンド・パーマーの1973年のアルバム「恐怖の頭脳改革」のジャケットなどの作品でも知られる。

晩年にはスイスのグリュイエルに美術館を開設し、自身の作品や、尊敬するスペインの画家サルバドール・ダリの作品などを展示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]