NFL同性愛選手のキスシーン、批判した選手に処分

セントルイス・ラムズに指名されたマイケル・サム選手

セントルイス・ラムズに指名されたマイケル・サム選手

(CNN) 米プロフットボールリーグ(NFL)のドラフトでセントルイス・ラムズに指名されたマイケル・サム選手が同性の恋人と喜びのキスを交わした場面を巡り、一部の選手が不快感をあらわにするなどして謝罪に追い込まれている。

サム選手は10日、同性愛者であることを告白している選手として初めてNFLチームにドラフト指名された。この知らせを電話で受け、ボーイフレンドと抱き合いキスして喜ぶ場面はテレビで全米に放映された。

これに対し、マイアミ・ドルフィンズのドン・ジョーンズ選手は短文投稿サイトのツイッターで、「ひどい」「OMG(オーマイゴッド)」と投稿した。

後にこの投稿は削除されたが、ドルフィンズは11日、ジョーンズ選手に罰金を命じ、研修を済ませるまでチーム活動には参加させないと発表した。同選手の発言は「我々の価値観や規範に沿わない」と判断した。

ジョーンズ選手本人も同日、「私がソーシャルメディアで行った不適切な発言についてマイケル・サムに謝罪する」との談話を発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]