NYシティー・マラソンで完走の最高齢女性、翌日に死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大型温帯低気圧「サンディ」による被害で昨年は中止された大会が今年は開催

大型温帯低気圧「サンディ」による被害で昨年は中止された大会が今年は開催

ニューヨーク(CNN) 3日に開催された米ニューヨークシティー・マラソン大会に最高齢の女性として出場し、約8時間で完走したカリフォルニア州サンノゼのジョイ・ジョンソンさん(86)が4日、ニューヨーク市内のホテルで休養中に死亡したことが分かった。

ジョンソンさんが同大会に参加したのは1988年以降、今年で連続25年目。娘のドナ・グラフィスさんがCNNに語ったところによると、ジョンソンさんは大会当日の午後5時ごろ、32キロ地点付近で転倒して頭を打った。救急テントで手当てを受けて病院へ行くよう勧められたが、話す言葉に異常はなく、頭もはっきりしている様子だったという。

ジョンソンさんはレースに戻り、7時間57分41秒のタイムでゴールインした。

翌朝はマンハッタンのロックフェラーセンターにあるNBCテレビで、10年以上前からなじみの番組に出演。その後ホテルで休んでいたが、午後3時ごろに家族が起こそうとしたところ、息を引き取っていた。死因は明らかでない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]