J・ビーバー、ボディーガードに担がれ万里の長城へ

当時の様子を伝える投稿=ツイッターから

当時の様子を伝える投稿=ツイッターから

(CNN) 世界ツアー中の人気ポップ歌手、ジャスティン・ビーバー(19)が中国で、ボディーガードに担がれて万里の長城へ登ったことが分かり、インターネット上で批判を浴びている。

ジャスティンは9月29日に北京でコンサートを開き、30日に万里の長城を訪れた。この時の写真が、世界ツアーの様子を伝える公式ツイッター・ページに掲載された。ジャスティンは健康そのものの姿だが、険しい坂道を自力で登らず、男性2人の肩に担がれていた。

万里の長城は自分の足で登ってこそ感慨深いといわれるだけに、この行動は批判を呼んだ。出身国カナダからは「米国に引き取ってもらいたい」といったコメントが集中。中国版ツイッターの「ウェイボー(微博)」にも幼稚な行動を批判し、「罪の意識もなく座っていられるなんて信じられない」などとする書き込みが相次いだ。

ジャスティンのコンサートは2日の大連に続き、5日には上海、7日には東京で予定されている。東京のスカイツリーにジャスティンを担いで登る人がいたら、少なくともその力仕事には称賛が集まることだろう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]