「子どものミスコン」に賛否両論、仏上院で禁止法案通過

「子どものミスコン」に賛否両論

(CNN) フランスの上院で最近、16歳未満の子どものミスコンテストを禁止する法案が通過した。幼い子どもたちが着飾って競い合うコンテストやテレビ番組を巡っては、米国でも賛否両論が巻き起こっている。

わずか3~4歳の女の子が濃い化粧にハイヒール、ドレス姿でステージに立ち、セクシーなポーズを披露する。米国ではそんな番組が批判を浴びる一方で、高い視聴率を記録しているのも現実だ。それは、テレビの犯罪報道を行き過ぎだと批判しながらついつい見てしまう視聴者の心理と似ているかもしれない。

フランスでは2010年、ファッション誌ヴォーグがセクシーに着飾った10歳の少女の見開き写真を掲載したことがきっかけとなって、子どものミスコンテストへの反対運動が広がった。フェイスブックのCNNページに寄せられたコメントによると、米国でも多くの人が、幼い子どもが性的対象として扱われることを懸念している。

「ずっと前から気になっていた。子どものミスコンは禁止するべき」「幼いうちからこんなことを教え込む母親は、娘の子ども時代を台無しにしている」「ストリッパーのような姿で踊る6歳児をおかしいと思わなくなってしまった世の中が恐ろしい」と、厳しい意見が並ぶ。小児性愛者の目に触れる危険性を心配する声もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]