昨年死去した名司会者に性的暴行疑惑 揺れるBBC

故ジミー・サビル氏

故ジミー・サビル氏

ロンドン(CNN) 英BBCテレビの名物司会者として活躍し、昨年84歳で死去したジミー・サビル氏が、生前長年にわたり少女らに性的暴行を加えていたとの疑惑が浮上して波紋を呼んでいる。

サビル氏はBBCの子ども番組や音楽番組で司会者を務め、ユニークな言動や根気強い慈善活動でも知られていた。

だが昨年10月に亡くなる直前、英ITVテレビが「ジミー・サビルの知られざる一面」と題したドキュメンタリーを放映。業界内では同氏が10代の少女に性的興味を抱いていると噂され、疑われていたとして、悪夢のような人物として描き出していた。

ロンドン警視庁にはそれ以来、手がかりの情報やかつて被害を受けたとの通報が寄せられ続けている。被害を受けた可能性のある人は200人に及び、今月19日の時点でそのうち40人に接触しているという。

サビル氏は70年代、英仏海峡のジャージー島にある児童福祉施設でも暴行を重ねていたとの主張もあるが、地元警察によると十分な証拠は得られていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]