バドミントン女子4組8選手、「無気力試合」で失格 ロンドン五輪

失格となった中国の王暁理、于洋組。そのほか韓国、インドネシアの計3組も失格に

失格となった中国の王暁理、于洋組。そのほか韓国、インドネシアの計3組も失格に

ロンドン(CNN) 世界バドミントン連盟(BWF)は1日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルス1次リーグで無気力試合があったとして、4組8選手の失格処分を発表した。

問題となったのはいずれも7月31日の試合で、中国と韓国、インドネシアの選手計4組が失格となった。次回以降の試合で強豪チームと当たるのを避ける狙いなどで意図的に負けを狙ったとされ、スポーツ精神に反すると判断された。

31日の試合ではまず世界ランク1位の中国の王暁理、于洋のペアと韓国のチョン・ギョンウン、キム・ハナのペアが対戦した。五輪の公式ニュースサービスは試合の様子を「両ペアともやる気があるようには見えなかった」と伝えた。

観客からはブーイングが巻き起こり、審判も4選手全員に警告を出した。試合は何度も中断された末、韓国ペアが勝利してグループ1位で通過した。

次の試合では韓国のハ・ジョンウン、キム・ミンジョンのペアがインドネシアのメイリアナ・ジャウハリ、グレイシア・ポリーのペアと対戦し、「最初から無気力な展開」だったと五輪ニュースは伝えている。8選手はいずれも準々決勝への進出が決まっていた。

BWFの処分に対してインドネシアと韓国は不服を申し立てており、その審査の結果が1日中には発表される見通し。

一方、中国の五輪代表団は「世界バドミントン連盟の決定を尊重する」「于洋と王暁理のコートでの行為は、オリンピックの原則およびフェアプレーの精神に反する」との声明を発表。両選手の行為に対する調査を行っているとし、結果に基づき「適切な措置」を取ると説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]