写真特集:文明の崩壊と自然の再生、チェルノブイリの風景が写すもの

カナダ人の写真家デビッド・マクミラン氏は、チェルノブイリ原発事故のわずか8年後、近くにあるプリピャチ市の立入禁止区域を初めて訪れた。この旅で好奇心をかき立てられたマクミラン氏は、その後の四半世紀に同市を20回以上も訪れ、放棄された建物や車、雑草に覆われた遊び場、荒れ果てた学校などの様々な風景を写真に収めた

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]