写真特集:日本の魚雷攻撃で沈没の米空母、77年ぶり発見

調査船「ペトレル」の乗組員が無人潜水艇を操作する様子。画面に映るのはワスプに艦載されていたと見られる雷撃機アベンジャー/Paul G. Allen's Vulcan Inc

調査船「ペトレル」の乗組員が無人潜水艇を操作する様子。画面に映るのはワスプに艦載されていたと見られる雷撃機アベンジャー/Paul G. Allen's Vulcan Inc

第2次世界大戦中の1942年に日本と交戦して沈没した米海軍の空母「ワスプ」の残骸が、南太平洋の深さ4000メートル以上の深海で見つり、無人潜水艇を使って艦砲やブリッジの様子を撮影することに成功した

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]