仏セーヌ川にシロイルカ、搬送途中で安楽死処分に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏セーヌ川にシロイルカ迷い込む

(CNN) 北極海周辺に生息するシロイルカが1頭、フランスのセーヌ川に迷い込んで1週間以上立ち往生した。海へ放すため搬送する間に健康状態が悪化し、10日までに安楽死処分された。

経過を追っていた保護団体によると、このシロイルカは今月2日にパリの北西約70キロを流れるセーヌ川で見つかった。

えさを与えても食べようとせず、衰弱は進む一方だったという。

ロイター通信によると、80人を超えるチームが6時間かけて救出し、はしけに乗せて健康状態を調べた。専門家らは、体重の極端な減少がみられることに懸念を示した。

当局の発表によると、シロイルカを海へ運ぶ途中で呼吸などの状態が悪化し、酸欠状態に陥って苦しんでいることが分かった。専門家らは海に放しても助からないと判断し、安楽死処分を決めたという。

ロイター通信は、本来は1200キロほどあるはずの体重が約800キロまで落ちていたと伝えた。

シロイルカが生息する海としては、カナダ東部ケベック州のセントローレンス川河口などが知られている。フランスに最も近いのは、セーヌ川から約3000キロ離れたノルウェー領スバールバル諸島だ。

どうして迷い込んだのかは不明だが、世界自然保護基金(WWF)によれば、北極海の氷が減って船の航行や漁業活動が増え、シロイルカがすみにくくなっている影響も考えられる。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「生き物いろいろ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]