冷たい海にすむ「グリーンランドシャーク」、カリブ海で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷たい海にすむサメがカリブ海で見つかり研究者らを驚かせている/Devanshi Kasana/FIU

冷たい海にすむサメがカリブ海で見つかり研究者らを驚かせている/Devanshi Kasana/FIU

(CNN) グリーンランドやアイスランド沿岸の冷たい海にすむ大型のサメが1匹、中米ベリーズ沖のカリブ海で見つかり、研究者らを驚かせている。

フロリダ国際大学(FIU)の発表によると、「グリーンランドシャーク」とも呼ばれるニシオンデンザメが、この海域で見つかったのは初めて。ベリーズ沖には世界2位の規模を誇るサンゴ礁が広がっている。

FIUの博士課程に在籍する学生が、地元漁民と協力してイタチザメに追跡タグを付ける作業の途中に釣り上げた。

イタチザメとは明らかに違うその姿を写真に撮って指導教官に送ったところ、ニシオンデンザメまたはニシオンデンザメとオンデンザメの雑種であることが確認された。

追跡調査に参加している漁民の1人は、「深海にまだ見たことのない魚がいることは分かっているが、まさかグリーンランドシャークが捕まるとは」と語ったという。

2016年に発表された研究によると、ニシオンデンザメは寿命が少なくとも400年と、世界の脊椎(せきつい)動物の中で最も長い。体長約7メートル、体重1.5トンにも達するが、動きも成長も遅い。水温の低い深海を好むため観察は難しく、その生態は今もなぞに包まれている。

FIUは、世界の熱帯地方の深海に、ほかにもニシオンデンザメが生息している可能性を指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]