絶滅危機のアジアチーターに三つ子誕生、飼育下の繁殖は初 イラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イランでアジアチーターの三つ子が誕生した/Iran's Department of Environment

イランでアジアチーターの三つ子が誕生した/Iran's Department of Environment

(CNN) イランの環境当局によると、絶滅の危機に直面しているアジアチーターの三つ子の赤ちゃんが今月、首都テヘランの繁殖センターで誕生した。

イラン・チーター協会によれば、アジアチーターの飼育下での繁殖は初めて。母親の「イラン」が1日に帝王切開で出産し、三つ子は集中治療室に入った。

繁殖センターの獣医によると、このうち1頭は肺に形成不全と癒着がみられ、4日に死んだ。

三つ子は当初、すべて雌と発表されたが、その後の検査で雄だと判明した。

母親は2017年12月、生後8カ月の時に国内の民家で保護された。密輸業者に売買されるところだったとみられる。全国民からの繁殖への期待を込めてイランと名付けられ、昨年には国立公園に生息していた雄の「フィルーズ」と引き合わされた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]