湖の底に落ちた婚約指輪、ダイバーが発見 イングランド最大の湖で

カップルが湖に落とした婚約指輪をフリーダイバーの男性が見つけ出す出来事があった/Angus Hosking/Lake District Diving

カップルが湖に落とした婚約指輪をフリーダイバーの男性が見つけ出す出来事があった/Angus Hosking/Lake District Diving

(CNN) 英イングランド地方最大の湖の底に落ちてしまった婚約指輪は、干し草の山の中に紛れ込んだ針のように、見つけるのをあきらめなければならないのか…。

フリーダイバーのアンガス・ホスキングさん(21)は先月24日、イングランド北西部の湖水地方にあるウィンダミア湖で、レベッカ・チャウクリアさんとビキ・パテルさんのカップルが、婚約してからわずか2日後に桟橋の端からダイヤモンドの指輪を落としてしまったとの連絡を受けた。

カップルが写真を撮影している際、チャウクリアさんの指から指輪が滑り落ちてしまったという。

29日にCNNの電話取材を受けたホスキングさんは、2人が最初、カメラの三脚を使って指輪を取ろうとしていたが、湖底の泥の中へと余計に押し込んでしまったと説明。同じく取材に応じたペテルさんは、指輪が落ちてしまった際、自分で拾い上げようとしたものの、湖水は「凍てつくように冷たく」、湖の中は何も見えない状況だったと述べた。

友達づてにカップルの窮状を聞いたホスキングさんは、仕事を終えるとすぐに桟橋へと駆け付けた。ホスキングさんは3年半にわたってこの湖のごみの清掃活動を手伝うとともに、この問題に取り組むため、友人と一緒にダイバーの団体を設立していた。

貴重な物を探し出すよう頼まれたのは今回が初めてではないと話すホスキングさんは、CNNに対し、見つけるまでどのくらいの時間がかかりそうかも熟知していると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]