湖の底に落ちた婚約指輪、ダイバーが発見 イングランド最大の湖で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
指輪は写真撮影時に指から滑り落ちたという/Angus Hosking/Lake District Diving

指輪は写真撮影時に指から滑り落ちたという/Angus Hosking/Lake District Diving

ただこの時については、「水の中をのぞいてみたら、すぐに視界がひどく悪いことが分かり、自信がなくなった。何も見えないんだから」と説明。

「本当に細かな粒の泥ばっかり。1ペニー硬貨を落としてしまっても底までまっすぐに落ちていくよ」と語った。

幸運なことに、金属探知機を用いて探すこと約20分で、ホスキングさんは指輪を拾い上げた。

ホスキングさんを「素晴らしい男」と評するパテルさんは、彼が指輪を手に現れた時、婚約者は「言葉を失って」いたとし、「彼女は今となっては指輪を決して外さずにいる」と話した。

一方のホスキングさんも、パテルさんは「ありがとうという言葉が止まらず、すばらしいと言い続けていた」と語った。

パテルさんは、新型コロナウイルスに関連した制限に触れなければ、8月に予定している結婚式にホスキングさんを招待したいと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]