海岸でなくした婚約指輪、SNSで協力呼び掛け発見 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海岸でなくした指輪が地元住民の協力で発見され、無事に届けられる出来事があった/Courtesy Taylor Brown Photography

海岸でなくした指輪が地元住民の協力で発見され、無事に届けられる出来事があった/Courtesy Taylor Brown Photography

(CNN) プロポーズの瞬間になくしてしまった婚約指輪が、フェイスブック上の呼び掛けに応じた地元住民の協力で見つかった――。米南部ジョージア州のカップルに、そんなうれしい奇跡が起きた。

ブライアン・クエルチアさんは先月末、ジョージア州の東端に位置するタイビー島の海岸で、恋人のアンナ・デービスさんにプロポーズしようと計画。さん橋の近くで指輪を渡そうと箱を開けたところで、落としてしまった。

デービスさんは最初、クエルチアさんがふざけているのかと思った。だが指輪がなくなったのは事実だと分かり、フェイスブック上で同島のグループに助けを求めた。

すると翌日、「ミスター・フォイ」という男性から連絡があった。投稿された写真から場所を割り出し、20分ほど捜してみたら、指輪が見つかったという。

送られた写真をクエルチアさんに見せ、なくした指輪だと確認することができた。

Courtesy Anna Davis
Courtesy Anna Davis

デービスさんによると、2人は最初に出会った同州サバンナで式を挙げるために、式場を探しているところだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]