幅ぎりぎり、巨大スーパーヨットが狭い運河を通過 オランダ

巨大スーパーヨット、狭い運河をぎりぎり通過 オランダ

(CNN) オランダのロッテルダムで先週、全長94メートル、左舷から右舷までの幅約13.6メートルの巨大スーパーヨットが曳航(えいこう)されて狭い運河を通過する出来事があった。写真家のトム・ファン・オサネン氏がぎりぎりの通過の様子を撮影した。

このスーパーヨットは「プロジェクト817」という仮称で、オランダの造船所フィードシップ社によって建造された。撮影時はカーグ島の施設から北海に向かうところだった。

一連の写真には、人々が驚きの表情で見守る中、タグボートで曳航されたスーパーヨットが住宅や教会の脇を通り抜ける様子が写っている。

オサネン氏によると、毎年約4~6隻のスーパーヨットがこのルートを抜けて、通常アムステルダムで行われる海上試験に向かうが、プロジェクト817ほど巨大なものは少ないという。正式進水時の船名は「ビバ」になる公算が大きい。

オサネン氏はCNNの取材に「(運河通過は)いつも大変な作業になる」「みんな見るのが大好きです」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]