クルーズ船の柵乗り越え自撮り、女性が生涯乗船禁止に

女性がバルコニーの柵の外側でセルフィー/Courtesy Peter Blosic

女性がバルコニーの柵の外側でセルフィー/Courtesy Peter Blosic

(CNN) ハイチ沖を航行中のクルーズ船で、乗客の女性が個室のバルコニーの柵を乗り越え自撮りする危険行為に及び、運航会社から生涯乗船禁止の処分を受けた。

この出来事は今週、米客船大手ロイヤル・カリビアンのクルーズ船「アリュール・オブ・ザ・シーズ」がハイチ北部ラバディに近づいていた際に発生。乗客のピーター・ブロシックさんが女性の姿を目撃し、乗員に通報した。

ブロシックさんはCNNの取材に「バルコニーにいたところ、女性が柵によじ登る様子が見えた。一瞬の出来事だった。どういう意図か分からず、乗員に通報した。もし何も告げず、彼女が飛び降りていたら、恐ろしいことになっていただろう」と振り返る。

ブロシックさんはその後、女性が青い水着姿で手を頭上にかざす様子をとらえた写真をソーシャルメディアに投稿。乗員が女性を特定し、ジャマイカのファルマスに停泊したところで下船させたという。

ロイヤル・カリビアンの広報担当は事実関係を確認した。

CNNに寄せた声明では「アリュール・オブ・ザ・シーズで今週、乗客の1人が同伴者の助けを借りて個室のバルコニーの柵の上に立ち、無謀かつ危険な形で写真撮影のポーズを取るのが目撃された」と説明。2人をファルマスで下船させ、同社の船への乗船を生涯禁止する措置を取ったことを明らかにした。

ロイヤル・カリビアンのウェブサイトによると、船内外の柵など防護バリアの上に「座る、立つ、横になる、よじ登る行為」については、乗客自身の安全を考え禁止しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]