コツメカワウソ、新型コロナ陽性 米ジョージア水族館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ジョージア州の水族館が飼育するコツメカワウソが新型コロナウイルスの検査で陽性に/Georgia Aquarium

米ジョージア州の水族館が飼育するコツメカワウソが新型コロナウイルスの検査で陽性に/Georgia Aquarium

(CNN) 米ジョージア州アトランタにあるジョージア水族館のコツメカワウソが新型コロナウイルスの検査で陽性だったことがわかった。

水族館の18日の発表によれば、コツメカワウソが、くしゃみや鼻水、軽度の倦怠(けんたい)感、せきといった呼吸器に関する症状を示したため検査を行った。

7匹が展示から外されて治療を受けている。高齢ではあるが改善がみられており、完全に回復する見通しだという。

水族館の幹部によれば、獣医とケアチームがコツメカワウソを注意深く観察しており、必要な対症療法を提供している。コツメカワウソは食事をして休息し、回復できるとしている。

水族館は、コツメカワウソが無症状の職員から感染したのではないかとみており、接触があったすべての職員の検査を実施した。コツメカワウソは来場者と直接接触することはなく、常にアクリルのパネルによって仕切られているという。

ジョージア水族館にとっては新型コロナウイルスに感染した動物が出た初めての事例となった。しかし、動物が新型コロナウイルスで陽性となったのは初めてではない。昨年12月にはケンタッキー州ルイビルの動物園でユキヒョウ3匹が新型コロナウイルスの陽性反応を示していた。猫や犬も新型コロナウイルスの流行中に検査で少数が陽性となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]