ワクチンと血栓の関連、J&Jの主張に批判の声

自社ワクチンと血栓の関連についてJ&Jが出した声明に反論が相次いでいる/Jessica Hill/AP/FILE

自社ワクチンと血栓の関連についてJ&Jが出した声明に反論が相次いでいる/Jessica Hill/AP/FILE

(CNN) 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンと血栓症の関連をめぐる懸念に対し、「血栓はすべてのワクチンで報告されている」と主張した同社の声明が批判を受けている。

J&J製のワクチンについては、これまでに接種を受けた700万人あまりのうち、少なくとも7人がまれな脳血栓症を発症したとの報告がある。

欧州医薬品庁(EMA)は9日、J&J製ワクチンの接種後に起きた血栓症の事例を調べていると発表。これに対してJ&Jは同日、メディアへの声明を出し、脚注付きで「血小板の減少をともなう症例を含めた血栓症は、すべての新型ウイルスワクチンで報告されている」との認識を示した。

脚注には参照先として、米コーネル大学医学部のウンジュ・リー博士らが今年2月の血液学専門誌に発表した論文が挙げられていた。

この論文は米食品医薬品局(FDA)のデータを基に、米ファイザーとモデルナのワクチンを接種した後に起きた有害事象を検討。血小板減少の報告が17件あったと指摘したが、血栓症には言及していなかった。

血小板減少については、ワクチン以外にも妊娠や過度の飲酒、がん、ウイルス感染など多くの原因が考えられる。リー博士らは、数千万人が接種を受けたことを考えれば意外な件数ではないとの見解を示していた。

リー博士は「私たちの研究で血栓症は見つからなかった」と語り、血小板減少と血栓はまったく別物だと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]