米アイオワ州に「マスクの木」が登場、必要な人に無料で配布

手製のマスクをつり下げた「マスクの木」。必要な人は無料で持ち帰ることができる/Courtesy Deb Siggins

手製のマスクをつり下げた「マスクの木」。必要な人は無料で持ち帰ることができる/Courtesy Deb Siggins

(CNN) 米アイオワ州リスボンに手製のマスクをつり下げた木が登場した。マスクを必要としている人は無償でぶら下がったマスクを持って帰ることができる。

マスクを作っているのはデブ・シギンズさん(55)。これまでに数百枚のマスクを作り、友人や家族、地元の人々といったマスクを必要としている人たちのために自宅近くの木にぶら下げてきた。

シギンズさんはCNNの取材に対し、「私の目標は病院のために100枚作ることだった。しかし、友人や家族もほしがり、雪だるま式に増えていった」と語った。対応しきれないほどの要望を受けたという。

シギンズさんの行為は地元病院を支援することから始まった。地元病院では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、マスク不足に直面し、人々にマスクを制作するよう要請を行っており、シギンズさんは支援することを決心したという。

自身の手作りマスクを受け取った医療従事者と写真に収まるシギンズさん
自身の手作りマスクを受け取った医療従事者と写真に収まるシギンズさん/Courtesy Deb Siggins

全米でさまざまな人たちが医師が必要としている用具を確保できるよう支援している。工場ではマスクの生産が始まり、人々がマスクをぬったり、団体が寄付を呼び掛けたりしている。

シギンズさんは、マスク不足に対処しながらソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を維持するために、手製のマスクを木につるしている。定期的にマスクは補充しているが、たいていは1日もすればマスクはなくなるという。

注文の数が製作可能な量を上回りつつあるが、シギンズさんは新型コロナウイルスの流行が収まるまでマスクづくりを続ける計画だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]