飲食店営業停止の米オハイオ州、バーの常連客がチップに26万円

営業停止の指示を受けたバーの常連客が多額のチップを残して去っていった/Benny Leonard

営業停止の指示を受けたバーの常連客が多額のチップを残して去っていった/Benny Leonard

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、レストランやバーなどに営業停止の指示が出た米オハイオ州でこのほど、店の常連客が苦境を乗り越えてほしいとチップとして2500ドル(約26万円)を支払う出来事があった。オーナーは、涙が出るほどうれしかったと振り返った。

同州コロンバスにあるコーチーズ・バー・アンド・グリルは毎週日曜日、大勢の客でにぎわう。しかし、今月15日は、知事が新型コロナウイルスの拡大抑止に向けて州内の全てのレストランやバーなど飲食店の営業停止を指示。同日午後9時以降の営業ができなくなり、スタッフはぼう然と立ちつくしていた。

テレビを囲んで知事の指示を聞いていた接客係の頭には「来月の家賃をどうすれば」「家族をどうして養えばいいのか」といった思いが渦巻いた。

しかし、その日の営業時間内にビールと食べ物を注文した客の請求書を見たとき、店のオーナーのパトリック・レナードさんとスタッフの心は晴れやかになった。30ドルに満たない注文だったが、チップ代として2500ドルが記入されており、請求書には「タラ、ニッキー、ジム、リズ、アランと平等に分けてください」と書かれていた。

レナードさんはCNNの取材に対し、「みんなの目に喜びの涙が浮かんでいた」と振り返った。レナードさんによれば、客は匿名を望んでいるという。毎週水曜日にクイズをするために店を訪れている常連だという。

レナードさんは「店に行けば、人々がトイレットペーパーを奪い合っている」としながらも、今回の件では、客が「全員が、自分が自分が」といった考えではないことを示したと語った。こうした動きが増えれば、今回のような厳しい状況もより良く切り抜けられるのではないかと述べた。

チップ代に関しては、全従業員12人で分けることにしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]