後ろ向きの車が何度もぐるぐる、「運転手」は犬だった 米

後ろ向きの車が何度もぐるぐる、運転手は?

(CNN) 米フロリダ州ポートセントルーシーでこのほど、車が後方に円を描くように同じ場所をぐるぐる走り回る様子が目撃され、警察や消防が出動する騒ぎがあった。民家の郵便受けに衝突して減速した車から出てきたのは、車の持ち主の犬だった。

目撃者の女性アン・サボールさんは最初、誰が運転席にいるのか分からなかった。

サボールさんはCNN系列局WPBFの取材に、「最初は誰かがバックさせているのかと思ったけど、車はそのまま動き続けた。『一体何をやってるの』という感じだった」と振り返る。

車が後方に円を描くように同じ場所をぐるぐる走り回り、警察や消防が出動する騒ぎに/WPBF/neighbor cell phone video
車が後方に円を描くように同じ場所をぐるぐる走り回り、警察や消防が出動する騒ぎに/WPBF/neighbor cell phone video

その後、警察と消防が現場に到着。当局者は犬を乗せた車が円を描くのを遠巻きに見守っていた。

車が郵便受けとごみ箱に衝突して減速した後に地元警察がドアを開けたところ、運転席からは黒色のラブラドールレトリバーが飛び出してきた。かすり傷ひとつなかった。

「運転手」は大型の黒色のラブラドールレトリバーだった/WPBF/neighbor cell phone video
「運転手」は大型の黒色のラブラドールレトリバーだった/WPBF/neighbor cell phone video

調査の結果、飼い主がエンジンをかけたまま車から離れた際に犬がギアを変え、そのまま1時間近く走行していたことが判明したという。

損壊した郵便受けについては、犬の飼い主が修理を約束した。

サボールさんは犬の運転ぶりに感嘆した様子で、「免許をあげるべきね」と語っている。

犬が無謀な運転につかの間の自由を味わっていたのか、それとも制御不能な状態を怖がっていたのかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]