手荷物の中に回転銃?、回転するのはトイレットペーパーだった 米空港

銃の形をしたトイレットペーパーホルダーの持ち主が手荷物検査で止められる出来事があった/from TSA

銃の形をしたトイレットペーパーホルダーの持ち主が手荷物検査で止められる出来事があった/from TSA

(CNN) 米ニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港で乗客の手荷物検査を行っていた米運輸保安局(TSA)の係員が、機内持ち込み手荷物の中にリボルバー(回転式拳銃)を発見したとして、この乗客を摘発しようとした。

しかしよく調べたところ、リボルバーだと思ったのは、拳銃の形をしたトイレットペーパーホルダーだったことが分かった。

TSAは10月31日のプレスリリースの中で、「この一風変わったリボルバーは、銃弾を回転させるためのものではなかった」と述べ、「トイレットペーパーを回転させるためのものだった」と冗談交じりに発表した。

このホルダーが本物の銃のように見える模造品だったことから、かばんがX線検査装置を通過した際に、アラームが作動したという。

TSAは本物の銃も模造品の銃も持ち込みを認めていない。

TSAの広報によると、銃の形のトイレットペーパーホルダーの持ち主は、これを自分の車に戻すか、預け荷物に入れるか、搭乗しない友人に渡すか、TSAに引き渡すかの選択を迫られ、TSAに引き渡すことを選んだという。

その後、乗客は無事にゲートを通過した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]