「大人のおもちゃ」で空港ターミナル閉鎖、爆弾と疑われ ドイツ

「大人のおもちゃ」が爆弾と間違われ、空港の一部が閉鎖される騒ぎがあった/Sean Gallup/Getty Images

「大人のおもちゃ」が爆弾と間違われ、空港の一部が閉鎖される騒ぎがあった/Sean Gallup/Getty Images

(CNN) ドイツ・ベルリンのシェーネフェルト空港で、乗客の手荷物の中にあった「大人のおもちゃ」が爆弾と間違われ、空港の一部が閉鎖される騒ぎがあった。

ベルリンの連邦警察によると、7日午前11時ごろ、係員が乗客の手荷物のX線検査で「不審物」を発見し、X線だけではかばんの中身が分からなかったことから警報を出した。この影響でDターミナルは閉鎖され、警察が不審物の捜査を行った。

かばんの持ち主は館内放送で呼び出され、警察から中身について質問された。

しかし持ち主の男性は言葉を濁し、「テクニカルなもの」とだけ説明した。多分、恥ずかしかったのだろうと連邦警察は推測している。

爆弾処理班も出動して1時間がかりで調べた結果、かばんの中身は大人のおもちゃだったことが判明。Dターミナルは正午ごろに再開された。

ドイツではこの日、同国で最も利用者の多いフランクフルト空港でも、爆発物の反応が出た一家が手違いで保安区域への立ち入りを許可されたために、乗客らが避難するハプニングが起きた。影響は乗客7000人あまりに及んだ。

両空港とも欧州がバケーションシーズンを迎えて特に混雑するさなかの出来事だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]