野生のリス、天敵の察知に小鳥の会話を盗み聞き? 米調査

PAUL GILHAM/GETTY IMAGES

PAUL GILHAM/GETTY IMAGES

(CNN) 北米に生息するリスの1種、トウブハイイロリスは天敵から身を守るため、小鳥の会話を盗み聞きして安全かどうかを判断しているらしい――。米科学誌プロスワンにそんな研究結果が発表された。

米オーバリン大学の研究チームは、野生のリスの様子について、周辺の餌場に集まる鳥たちの鳴き声や、天敵のアカオノスリが立てる物音を含めて調査した。

当然ながら、リスはノスリの物音が聞こえると、動きを止めたり周囲をしきりに見回したり立ち上がったりするなどして警戒する様子を見せた。

ところがノスリの物音の後に鳥のさえずりが聞こえると、リスの警戒心は急速に薄れていた。たとえノスリの気配があった場合でも、自分の周りの鳥たちがリラックスしていると判断すれば、リスもリラックスする様子だった。

これについて研究チームでは、小鳥は普通、差し迫った危険を察知していない時にさえずることから、鳥の声が「安全を表す指標」になるようだと指摘。「身の安全を守るための盗み聴きは、これまで考えられていたよりも一般的なのかもしれない」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]