名前を呼ばれても知らん顔の猫、分かっていて無視? 検証実験で判明

普通の家で飼われている猫は、名前を呼ばれるのを認識できているとの実験結果が出た

普通の家で飼われている猫は、名前を呼ばれるのを認識できているとの実験結果が出た

(CNN) 猫が名前を呼ばれても知らん顔をしているのは、自分の名前が分かっていないためなのか――。そんな疑問を持った日本の研究チームが検証実験を行い、科学誌に論文を発表した。

研究チームによると、実験の結果、猫たちはさまざまな音声の中から自分の名前を識別できていることが分かった。つまり、名前を呼んでも反応しない猫は、分かっていて無視を決め込んでいるらしい。

実験は飼い主の自宅で、飼い主の見ていないところで実施した。猫の名前と同じようなアクセントと長さの名詞を幾つか選び、飼い主と他人にその単語と猫の名前を発音してもらって録音。15秒間隔で猫にその音声を聞かせた。猫の名前はいちばん最後に再生した。

その結果、飼い主の声であれ他人の声であれ、ほとんどの猫たちは自分の名前を聞かされると、頭を動かしたり耳を立てたりして何らかの反応を示した。

「少なくとも普通の家庭で飼われている猫は、自分の名前と一般的な単語および別の猫の名前を区別できるらしいことが分かった」と研究チームは結論付けている。

猫に人の言葉を認識できる能力があることが実験で証明されたのは初めてだという。

実験は猫カフェの猫たちに対しても行った。その結果、猫カフェの猫は、自分の名前と同じカフェにいる別の猫の名前を区別できていないことが判明した。ただ、自分たちの名前とそれ以外の名詞との区別はできていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]