政治家の記者会見に猫耳が、手違いでフィルター付いちゃった パキスタン

猫耳フィルターが付いた記者会見の様子/FAROOQ NAEEM/AFP/AFP/Getty Images

猫耳フィルターが付いた記者会見の様子/FAROOQ NAEEM/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) パキスタンの政治家が記者会見の様子をソーシャルメディアを通じて生中継したところ、手違いで猫フィルターが有効になっていて、猫耳と猫ひげが付いた顔で会見に臨む映像が流れるハプニングがあった。

注目の的になったのは、パキスタン北西部の自治体の閣僚で、「パキスタン正義運動」に所属する政治家のショーカット・ユスフザイ氏。同党の公式フェイスブックを通じて14日に記者会見の様子を中継した。地元が抱える課題について有権者に訴える目的だった。

ところがスタッフの1人が猫フィルターを有効にしていたことから、本人は知らないまま、猫耳と猫ひげが付いた姿で記者会見に臨むユスフザイ氏の映像が流れ続けた。

この映像は間もなく消去されたが、ネット上には既に、猫耳姿のユスフザイ氏の画像があふれ返っていた。

パキスタン正義運動はツイッターへの投稿で、手違いがあったことを認め、「昨日、ショーカット・ユスフザイ氏の記者会見の間、『猫フィルター』が視聴者に目撃され、数分以内に削除された」とツイートした。

原因については党内で調査した結果、人為ミスだったことが分かったと説明。「再発防止のためのあらゆる措置を講じた」としている。

ユスフザイ氏本人はそれほど深刻に受け止めていない様子で、AFP通信の取材に対し、「私だけでなく、一緒に座っていた2人も猫フィルターにやられた」とコメントしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]