ドアの重しの岩石、10万ドルの価値ある隕石と判明 米

ドアの抑えに使われていた岩石が、実は10万ドルの価値を持つ隕石だった/Central Michigan University

ドアの抑えに使われていた岩石が、実は10万ドルの価値を持つ隕石だった/Central Michigan University

(CNN) 米ミシガン州の民家で、開いたドアを抑えておく重しとして長年使われていた重さ約10キロの岩石が、約10万ドル(約1140万円)の価値がある隕石(いんせき)だったことが分かった。地元の大学が4日に明らかにした。

中央ミシガン大学(CMU)で地質学を研究するモナ・シルベスク教授は声明で、匿名希望の男性から奇妙な形の岩石の調査を求められたとき「何か特別なものだとすぐに分かった」と述べた。それまでも岩石を調べてほしいと頼まれることはあったが、本物の隕石だったことは一度もなかったという。

当該の岩石を分析したシルベスク教授は、それが隕石であると断定。元素組成は鉄が88.5%、ニッケルが11.5%で、過去にミシガン州で見つかった隕石の中で6番目の大きさだった。

CMUは隕石について10万ドルの価値を持つ可能性があると発表。シルベスク教授は「自分の人生で扱ったサンプルで最も価値が高い。金額的にも科学的にも」と語った。石の一部はワシントンのスミソニアン協会に送られ、そこでも隕石だと確認された。

隕石の持ち主の男性は、1988年にミシガン州中部のエドモアで農場を購入した際、売り主がドアストッパーにしていたものをそのまま譲り受けたと説明。売り主は、30年代に農場の敷地内に落ちてきた隕石だと告げた。

持ち主の男性は数年後農場から引っ越したが、石は手放さなかった。それから30年、男性も隕石をドアストッパーとして使用してきたが、同じミシガン州で隕石を見つけて売却した人たちの話を聞き、自分の持つ隕石の価値が知りたくなったという。

CMUによれば、スミソニアン協会やメーン州の博物館が当該の隕石の購入を検討中だ。持ち主の男性は、売り値の10%をCMUに寄付することで合意している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]