太平洋を49日間漂流 インドネシアの19歳男性、日本を経て無事帰国

アディランさんは漁獲用の筏(いかだ)で照明管理の仕事をしていた/Indonesian Consulate in Osaka

アディランさんは漁獲用の筏(いかだ)で照明管理の仕事をしていた/Indonesian Consulate in Osaka

インドネシア・ジャカルタ(CNN) インドネシア外務省は25日までに、49日間にわたって太平洋上を漂流していた19歳の男性が救助され、日本で手当てを受けて無事帰国したと発表した。

救助されたのはアルディ・ノフェル・アディランさん(19)。北スラウェシ州マナドの沖合125キロの海上に浮かべた「ロンポン」と呼ばれる漁獲用の筏(いかだ)で、照明管理の仕事をしていた。

写真特集:太平洋を49日間漂流 インドネシアの19歳

ロンポンは浮き具の上に小さな小屋を乗せたような装置で、海底のコンクリートブロックにロープで結ばれている。魚を集めるために、夜になると発電機を使って照明を灯(とも)すのがアディランさんの仕事だった。

ジャカルタ・ポスト紙によると、アディランさんはロンポンに半年間滞在するという条件で採用され、別の担当者が食料と水と燃料を週に1回届けて魚を回収していた。

ところが今年7月、悪天候のために係留用のロープが切れ、ロンポンが沖合へ流された。そのまま太平洋を漂流してはるばるグアム島近くまで流され、パナマ船籍の船によって8月31日に発見されたという。

同船は9月6日に山口県の徳山港に到着。ジャカルタ・ポストによると、大阪のインドネシア領事館はアディランさんの様子について、「漂流中は怖くて泣いたこともあった」「大きな船を見るたびに希望を持ったが、10隻以上の船が、止まることもアルディ(アディランさん)を見ることもなく通過して行った」と話している。

アディランさんは海上保安庁の診察を受け、2日後にインドネシア領事館が手配した便で帰国の途に就いた。領事館によると、無事帰国してマナドの家族と再会し、健康状態も良好だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]