ロバにしま模様描いてシマウマに? エジプト動物園で偽装疑惑

シマウマとされる動物は顔のペンキがはげかけていて、耳の大きさもシマウマとは違うように見えたという/Mahmoud Sarhan
写真特集:ロバにしま模様描いてシマウマ?

シマウマとされる動物は顔のペンキがはげかけていて、耳の大きさもシマウマとは違うように見えたという/Mahmoud Sarhan

(CNN) エジプトの首都カイロの動物園が、ロバにしま模様を描いてシマウマに見せかけようとしたとして、批判の的になっている。これに対して同園の園長は、シマウマは本物だと反論した。

きっかけは、カイロ市内の公園にオープンしたばかりの動物園を訪れた男性(18)が違和感を感じたことだった。この男性によると、シマウマとされる動物は顔のペンキがはげかけていて、耳の大きさもシマウマとは違うように見えたという。

男性はこの動物と一緒に撮った写真をフェイスブックに投稿し、「この国の馬鹿さ加減は、ロバにペンキを塗ってシマウマに見せかけるところにまで達した」とコメント。この写真は瞬く間にネット上で拡散した。

一方、同園の園長は地元テレビ局の取材に対し、「シマウマは本物だ。ペンキは塗っていない」と疑惑を否定。動物たちの飼育は行き届いていて、定期的に健康診断を受けさせていると強調した。

動物園の「偽動物」をめぐっては、2013年に中国の動物園が、長毛犬をライオンに見せかけようとしたとして非難された。この「ライオン」は、ワンワンと吠えたと伝えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]