死んだ子どもに寄り添い続ける母親、シャチの窮状物語る カナダ

死んだわが子を何度も浮き上がらせようとしながら泳ぎ続ける母シャチを発見/Michael Weiss, Center for Whale Research

死んだわが子を何度も浮き上がらせようとしながら泳ぎ続ける母シャチを発見/Michael Weiss, Center for Whale Research

(CNN) 太平洋東部でシャチの群れを追跡している調査団が、生後間もなく死んで海に沈もうとする子どもの死骸に寄り添い、何度も浮き上がらせようとしながら泳ぎ続ける母シャチを発見した。

シャチの親子は調査団がカナダ西部ビクトリアの沿岸沖で24日に発見した。子どもは生まれて間もなく死んでいたにもかかわらず、母シャチは少なくとも3日間にわたって、沈みかける子どもを何度も繰り返し水上に押し上げながら、群れの仲間と一緒に泳ぎ続けていたという。

調査団創設者のケン・バルコーム氏は、母シャチも群れの仲間も子どもが死んでいることは分かっていたと推測し、母シャチの行動は悲しみの表れだったと思うと話す。「母親は子どもを離したくなかった。このメスは8年前の初産以来、恐らくほかにも2頭の子どもを失っていた」

この海域に生息するシャチの個体数は減少傾向にあり、子どものシャチの頭数や出産数は激減している。この群れは約75頭で構成されているが、過去数年間、無事に誕生して成長できた子どもは1頭もいなかった。

過去20年では、この群れで生まれた子どもの75%が育たないまま死んでいた。

原因は、シャチの餌となるサケが、河川の水力発電施設による産卵ルートの妨害や乱獲などによって減少していることにある。

メスのシャチは15歳で子どもを産むようになり、約25年の間におよそ5匹の子どもを出産する。しかし餌となるサケが減り、子どもも生まれない状況では、この海域のシャチは絶滅するしかないとバルコーム氏は危機感を募らせている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]