19世紀の新聞やたばこも発見、バッキンガム宮殿の改修工事

2018.01.22 Mon posted at 15:44 JST

[PR]

(CNN) 英王室の中心地であるバッキンガム宮殿で、10年がかりの電気系統改修プロジェクトが進行中だ。この工事の過程で、長年の間埋もれてきた歴史の断片が次々に発掘されている。

今回のプロジェクトでは、宮殿内の全775室で老朽化した配線を入れ替える予定で、床下や天井、普段は人がほとんど立ち入らない区画などにも電気技術者などの作業員が出入りしている。

こうした作業の中で、ビクトリア女王時代の1889年11月27日に発行された新聞「イブニング・スタンダード」の断片などが見つかった。

かつてのバッキンガム宮殿では、宮殿内で喫煙する人も多かった。その証しとして、当時のたばこの箱も発見されている。

英王室はツイッターなどの公式アカウントでそうした興味深い発掘品を紹介し、電気系統についてもさまざまな情報を伝えている。宮殿内のコンセントは6500個、照明器具は5000に上るという。

メールマガジン

[PR]