パイロットが酒酔いの疑い、離陸前に拘束 英空港

(CNN) ロンドン郊外のガトウィック空港で、英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のパイロットが離陸直前、酒に酔っている疑いがあるとして乗務を外され、警察に拘束されていたことが21日までに分かった。

パイロットは18日夜、インド洋の島国モーリシャスへ向かうボーイング777型機の操縦を担当する予定だった。同機はゲートで交代要員の到着を待ち、2時間以上遅れて出発したという。

地元警察の報道担当者はCNNに、航空会社のクルー1人が酒に酔っているようだとの通報があったと説明。アルコール量が規定を超えた状態で乗務に就いていた疑いで、49歳の男性を拘束したと語った。

BAは事態を極めて深刻に受け止め、捜査に協力していると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]