スペースXが打ち上げた機密衛星、軌道投入に失敗

2018.01.10 Wed posted at 16:14 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米宇宙ベンチャー・スペースXが7日に打ち上げた米政府の機密衛星「ズマ」は軌道投入に失敗し、通信が途絶えた。

米政府当局者と、事情説明を受けた人物2人が語ったところによると、衛星とみられる機体はスペースXのロケット「ファルコン9」から分離されず、安定軌道に到達しなかった。

機体の正体は機密扱いとされ、なぞに包まれたまま。スペースXのほか、製造を請け負った米防衛大手ノースロップ・グラマンも詳細を公表していない。

打ち上げ失敗の原因がファルコン9にあったのか、ズマにあったのかも不明だが、スペースXのグウィン・ショットウェル社長兼最高執行責任者(COO)は9日の声明で「現時点までのデータを調べた結果、ファルコン9は正常に作動していた」と説明。今後の調査でこれに反する情報が見つかった場合はただちに報告すると述べた。

ショットウェル氏はさらに、設計、運用上の変更は必要なく、今後の打ち上げ計画にも影響は出ないとの見通しを示した。

同社は今月、ファルコン9の3倍の推進力を持つ新型ロケット「ファルコン・ヘビー」の打ち上げを予定している。

メールマガジン

[PR]