太陽の前を横切る宇宙ステーション、米天文家が撮影

太陽と地球の間を横切るISSの連続写真を撮影

太陽と地球の間を横切るISSの連続写真を撮影

(CNN) 米アリゾナ州の自称アマチュア天文家が、太陽と地球の間を横切る国際宇宙ステーション(ISS)の写真撮影に成功した。写真の中のISSは、太陽の中央を横切る縫い目のように見えている。

写真はアリゾナ大学スカイセンターのアラン・ストラウス所長が、1月1日に同州トゥーソンの公園で撮影した。ストラウス氏の専門は教育学だが、趣味で天体を観測していて、頭上を横切るISSを見つけると、望遠鏡をのぞきながら写真撮影を試みていたという。

今回、ISSが太陽の前を通過するのに要した時間は「約1秒」。米航空宇宙局(NASA)によれば、ISSはフットボール競技場ほどの大きさしかなく、地球上からの観測は難しい。しかも、時速およそ2万8000キロの速度で移動する姿を写真に収めようとすれば、とてつもない精度が求められる。

ストラウス氏はまず頭上を飛行するISSのビデオを撮影し、その後映像をつなぎ合わせて1枚の画像を作成した。

もっとも同氏が何より楽しんだのは、通りかかった人たちから望遠鏡のことを尋ねられ、後にその人たちに撮影した画像を見せることだったという。

「人々に驚きの念をもってもらうことも楽しみの1つ」とストラウス氏は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]