豪首相、トランプ氏の物まね披露 「ロシア疑惑」もネタに

2017.06.16 Fri posted at 12:13 JST

[PR]

(CNN) オーストラリアのターンブル首相が報道関係者や政界関係者の集まるパーティーでスピーチした際、トランプ大統領の物まねをしてみせていたことが16日までに明らかになった。

パーティーが開かれたのは14日夜。スピーチの内容は本来ならオフレコのはずだったが、録音データがソーシャルメディアに投稿され、地元テレビ局で放送された。

ターンブル首相とトランプ大統領は1月の電話会談で、激しい応酬を行ったと伝えられているが、その後、関係は修復されていた。

14日のスピーチでターンブル首相は、最近の世論調査で2人がともに苦戦している点をネタに笑いを誘った。

「ドナルドと私は世論調査で勝って、勝って、勝ちまくっている。これまでにないくらい勝ちまくっている。嘘の世論調査じゃないぞ。嘘の世論調査じゃない。あれはわれわれが勝っていない方だ。われわれが勝っているのは本物の世論調査の方だ」と、同じフレーズを繰り返すトランプ大統領の話し方をまねて首相が語ると、笑いと喝采が起きた。

また首相はトランプ政権の「ロシア疑惑」までネタにした。

「インターネット世論調査を知ってるだろう? あれで勝つのは簡単だ。……こっちにはロシア人がいるからな。真実だ、私を信じろ。真実だ」

ターンブル首相はラジオ局の取材に答え、録音がリークされたのは「残念だ」としながらも、スピーチは「ユーモアたっぷり」だったと自画自賛した。

「(スピーチは)陽気で愛情のこもった、穏やかなものだった。それにジョークのネタは私自身だった」と首相は述べ、来年は予算案からの引用を読み上げることにすると語った。

メールマガジン

[PR]