美味しい食事は刑務所で――シェフも給仕も受刑者が担当 英

2014.04.29 Tue posted at 18:15 JST

[PR]

(CNN) 受刑者の再犯防止や出所後の職確保を目指し、刑務所内にレストランを開店する試みが英国で広まりつつある。料理の腕をふるい給仕にいそしむのは受刑者自身だ。

仕掛け役は英国の慈善団体「クリンク・チャリティー」。クリンクはこのほど、ロンドン南部のブリクストン刑務所内に新レストランを開業した。ウェールズのカーディフ刑務所、サリー州のハイダウン刑務所に続き、クリンクが手掛けるものとしては3軒目の刑務所内レストランとなる。

クリンクの最高責任者であるクリス・ムーア氏は、「ブリクストン刑務所のクリンクは、単にロンドンで新規開店するレストランという域にとどまらない。再犯問題に取り組むのと同時に、業界内で大きな課題となっているスキル不足を解消する上でも、頼りになる解決策を提供するものだ」と自負をのぞかせる。

ロンドンの新レストランで提供されるのは高級欧州料理で、昼時の打ち合わせ用に5つの会議室まで備えている。

以下ではそんなクリンクの取り組みを紹介しよう。

入店者応対

刑務所内という立地や受刑者がシェフとなっていることの他にも、クリンクのレストランにはユニークな特徴が多々ある。まず入店者応対が独特だ。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!